Tシャツ専門店

Tシャツ

場所や時期問わず、着られているTシャツですが、あなたはTシャツのことにどれだけ知っているでしょうか。
オリジナルTシャツのデザインをしている方や、責任者になった経験がある方は作り方などに詳しいでしょうね。世間には様々な「Tシャツ」が存在します。機能性を重視したものからファションブランドのデザイン重視のものまで・・・組み合わせもジーパンに限らず、ロック的ファッション、ミリタリー系などコーディネートを楽しめます。
ここからは少しTシャツについて調べたことをまとめていこうと思います。

名前の由来

Tシャツの名前の由来について知っていますか。「形がTシャツに見えるから」と思っている人が多いでしょうが、これについてははっきりと分かっていないのです。それ以外にも、アメリカの陸軍が使っていたTraining shirt(トレーニングシャツ)として使っていたが略され、Tシャツとなったという説もあります。有力なのは、「形から」ですが、それだとポロシャツやYシャツも大して変わらないという感じがします。

ちなみに、英語ではTシャツを「tee」と呼びますが、これは腕の長さが短い「amputee」から来ていると言われています。「amputee」とは手術などで手足を失った人と言う意味になります。

Tシャツの起源

Tシャツはカリフォルニアが発祥と言われていますが、そのアイディアは諸説あります。最も有力なのは、第一次世界大戦中にウール製のユニフォームを着ていたアメリカの兵士らがヨーロッパ兵士の着ていた下着(軽い綿素材でできた物)を改良して作ったと言われていますが、もう1つの説として、1913年にから海軍が来ていた「Light Undershirt」と言われていた丸首のセーターから発展したとも言われています。

第二次世界大戦中にTシャツはアメリカの陸軍と海軍の一般的なしたぎになっていました。兵士達はTシャツを重労働のときや暑い気候で作業するときなどに使用するようになり、その姿が何度かアメリカの広報誌などに載るたびに、Tシャツの知名度は上がり、第二次世界大戦以降には民間に普及していきました。このことからも、Tシャツの名前の由来は、Training shirt(トレーニングシャツ)では無いかとも思えます。

どこ製

国内ランキング
名前 本社場所
1位 トムス 現在、東京が本社
2位 キャブ 名古屋
3位 (以下は、多数の会社がひしめいています)

あなたが着ているTシャツはどこで作られたものですか。服を裏返してわき腹の辺りや首の後ろに付いている、白いタグ(?)を見てみましょう。昔はほとんどが日本製でしたが、最近では中国製がほとんどです。クラスTシャツやオリジナルTシャツでも、素材自体は中国製でしょう。日本よりも人件費が安いのと、国が近いから送料がそれほどかからないのが理由でしょう。また、「ネット上には格安プリント」と歌っているものが多いようですが、そのすべてとは言いませんが、大体中国製品です。それが悪いとは言いません。しかしながら中国産のTシャツに対する不満が多いのも事実なのです。

その中でも特に大きなシェアを誇るのが、大阪に本社があり、国内にも支点が点在する「トムス社」と言われています。毎日、万単位のTシャツがコンテナで入ってくると話もあります。さらに、夕方4時までにネットで発注すれば、翌日に到着するシステムになっております。これがランキング上位にいる秘密でしょうか。
お客様のことを考えたサービスが成功の秘訣への近道のようです。

ちなみに、最も出回っている中国製品を基準とすると、アメリカ製品のコットンは少し乾いた手触りがあり、日本製品のコットンは少ししっとりした感じがあるそうです。オリジナルTシャツやクラスTシャツを作る際はそんな手触りにもこだわりたいですね。これは、おそらく綿の原産国による違いでしょう。また、生地が同じでも、糸の編み方と太さが違えば耐久性も変わってきます。そのため、日本製だから丈夫だとか、中国製だから破れやすいというのは無いと思います。つまり、耐久性は、糸の太さと編み方によって変わります。

お願い

このサイトについての説明は、サイトマップを見てください。サイトマップの注意を守ってください。

pickup

東京のボイストレーニングスクール
http://www.wings-music.com/
農機具の高価買取
http://www.takara-kikaku.com/
ステンドグラスのランプショップ
http://nossa.jpn.com/jp/
ワンデーのカラコンをお探しならこちら
http://revocon.com/
太陽光メガソーラーシステム
http://eco-taiyou.co.jp/mega/